LPの構成:WordPress初心者がLPを制作する方法(2日目)

ライフ

WordPressでブログを始めて1か月半のわたしが、LP制作のお手伝いをすることになりました。

 

 

LPの制作準備を始めて2日目。今日はこんなことをしました。

 

競合LP分析

 

1日目、競合16社のサイトを見て、LPの構成について勉強していると、

以下の情報が主に含まれていました。

 

 

LPのゴール(お客さんに何をしてほしいか)は以下の通りでした。

 

(LPのゴール)

 問い合わせフォームへの入力

 メールでの無料相談

 資料請求

 

LPの内容は主に以下の通りです。

 

(含まれる内容)

 お悩み事例

 お客様の声

 料金表

 Q&A

 会社を選ぶメリット

 

そのほかにも、以下のような特典を提供するLPもありました。

(そのほかの特典)

 会社開業マニュアルプレゼント

 全額返金サポート

 会社設立0円

 

LPの構成

 

 

LPの構成は以下の通りです。

 

出典:https://ynagashima.com/lp-writing/

1つずつ説明します。

トップコピー

お客さんがLPを開けたときに一番最初に目にする部分。

約3~5秒の間で、離脱するか読み進めるか決まる。

(含まれる内容)

 キャッチコピー:誰に、何を伝えたいのかを明確に。

 画像:提供するサービスがイメージできるように。

 権威性を示すキーワード:実績、売上、相談件数の推移などを数値化

 お客さんが気軽にアクションを起こせる選択肢:「相談無料」「全額返金」「0円」

 行動喚起(CTA)のボタン:ここにボタンを用意するとコンバージョン率が上がる

 

ボディコピー

 

本文パート。ざっくり言うと、ここでお客さんの困りごとをあぶり出し、

その困りごとを解決するサービスとその料金、競合との差別化ポイントを挙げ、

利用したお客様の声やQ&Aを載せ、信頼や安心を与える。

お客さんのお悩み事例は、具体的かつ現実的なもので、共感できるものにする。

さらに解決策が「ここまでしてくれるのか!」「そんな効果があるのか!」

と感動を呼び、このサービスを利用したら、こんな夢が広がる…と思えるほどのものであえらば

コンバージョン率(成約率)は上がる。

 

(含まれる内容)

 会社を選ぶメリット、会社の独自性(USP:Unique Selling Proposition)

 会社の実績

 お悩み事例

 お客様の声

 料金表

 Q&A

クロージングコピー

 

お客さんに行動喚起を呼びかけるところ。

具体的には、資料請求、メルマガ登録、問い合わせフォームへの入力など。

お客さんの負担を最小限にすることが大切。

問い合わせフォームに住所、電話番号、氏名などを入力する必要があると

ほとんどのお客さんは離脱してしまう。

メルマガや資料請求(電子版)なら、メールアドレスだけで十分な可能性も高い。

それでもお客さんは「登録や購入は今じゃなくてもいいかな…」とまず思うので、

「期間限定」「数量限定」「今ならこんな特典がついてくる」など、

お客さんに「今アクションを起こすといいことがある」と思ってもらうようにする。

また、返品、返金、成果保証をつけることで

「今、この高揚感でポチリしても大丈夫」という安心を感じてもらう。

 

(含まれる内容)

 行動喚起(CTA)のボタン

 「特典」「期間限定の割引」など、お客さんの背中をもう一押しするもの

 返品、返金、成果保証

 

本日は以上です

本日の勉強は以上です。

 

コメント