Garminアプリ、プライオメトリクスの有料版を試してみました

ダイエット

わたしは今、HIIT(高負荷インターバルトレーニング)の新たなメニューに縄跳びを取り入れようとしています。

縄跳び購入レビューはこちらです。

 

 

 

 

その後、初めて跳んでみた記事(前回の記事)がこちらです。

 

 

 

 

前回の記事では、GarminのPlyoMetrics(プライオメトリクス)というアプリの無料版で、縄跳びのパフォーマンスを計測をしていましたが、この度、有料版を購入しました。今回はそのレビューです。

 

GarminのPlyoMetrics 有料版は270円

 

 

$2.00+$0.45(手数料)で、$2.45。 円換算で270円でした。

 

 

 

無料版と有料版との違い

 

無料版は、5分間でストップしてしまいます。それ以外の機能は、無料版も有料版も同じです(開発者に確認済み)。

 

有料版へのアップデート

 

購入後、PCとデバイス(Garminのウォッチ)を接続し、Garmin Expressを立ち上げます。

 

IQアプリをクリックします。

 

PlyoMetrics(無料版)をダウンロードしていない場合は、まずPCとデバイスを接続してから無料版をダウンロードします。すると、IQアプリを開いたときに下の画面が出ます。

無料版については前回の記事にも少し載せています→こちら

 

PlyoMetrics の青い丸枠をクリック

 

設定画面で、Eメールアドレスを入力すると、無料アプリの5分縛りが解除されます。

設定画面では、ほかにも、「跳ぶ時間」「休憩時間」「目標回数」など、いろいろと選択できます。跳ぶ時間をセットすると、その時間が経つと、振動で知らせてくれます。

ちなみに、無料版でも上記のような選択はできます。有料版と無料版との違いは、5分縛りのみです。

 

 

GarminのデバイスとPCをつなげたあと、PlyoMetricsを選択します

 

 

こちらが昨日までの「5分間の試行」の画面。

 

 

購入後はこのような画面になります。

 

 

カロリーは10分間でガーミン計測45kcal、アプリ開発者計測91kcal

 

 

さて、さっそく10分間跳んでみました。複数回に分けて、合計10分間。ガーミンの計測では、カロリー45kcal消費。少ない…。

しかし詳細を見てみると、アプリ開発者が計測するカロリーは、瞬間カロリー合計:91kcal、調整カロリー:89kcalです。

 

 

このカロリーの見方については、アプリ開発者に問い合わせたことを記事にしています。

 

 

今回計測してみて、自分の問題点も見つかりました。それは、心拍数があまり上がっていないことです。HIITは最大心拍数の80~90%でやるべきところですが、今回は平均心拍数が107しかありませんので、目標に比べてかなり低めです。もっと強度を上げないと、アフターバーン効果が期待できません。

 

しかし、ゆっくり跳んでいたわけでもなく、これ以上強度を上げるのは難しい気もしています…。全力ダッシュのほうが、心拍が上がるのかもしれません。

 

筋力アップは期待できる

 

運動時のカロリーの消費量だけを見ると、それほど効果が高くないようです。

しかし、実は昨日、縄跳びを15分やったので、今日はふくらはぎの上の部分が筋肉痛です。

普段ランニングしていても、めったに筋肉痛にはならないので、筋力アップしていることは間違いありません。

 

おわりに

 

 

心肺機能を鍛えるHIITのメニューの1つとして縄跳びを始めましたが、ゼーゼーハーハー言うまで追い込むのはなかなか難しそうです。

とはいえ、筋力はつきそうなので、これからもコツコツ続けていきたいと思います。

 

コメント